ドラゴンと共に戦い空を飛ぶ「ドラゴンズプロフェット」

images
ドラゴンズプロフェット(Dragons Prophet)はパソコン向け、基本料金無料+アイテム課金のMMOです。
一番の特徴は、フィールド上やダンジョン内にいる敵性mobであるドラゴンと契約を結び、騎乗して陸上を駆けたり空を飛んだり、共に戦ったり出来ることです。
戦闘はアクションタイプでフリーターゲットシステムを採用していますが、ワンキーでロックオンしたり解除したりも出来るので、その場に応じて臨機応変に切り替えることで、より快適にアクション戦闘を楽しむことが出来ます。
もちろんフリーターゲットシステムが苦手な方は常にロックオンした状態で戦うことも可能です。
いくつかある職業のうち「プリースト」が回復職ではなく僧兵のような扱いで、回復系のスキルを使えるプレイヤーキャラクターが存在しないのも珍しい点です。

ドラゴンは飛竜型やワイバーン型、滑空型、翼を持たない二足歩行型や四足歩行型など、いくつかのタイプがいて、その中でも形や色が違うものが何種類も存在します。
ドラゴンのタイプによって飛行が可能だったり、移動速度が速かったりといった特徴がありますが、戦闘スキルは数多くの中からランダムで決定するので、好きな見た目で好きな能力を持った、自分好みのドラゴンを持てるのが嬉しいポイントです。
またドラゴンのスキルには、戦闘中に自動で発動するものと、プレイヤーが好きなタイミングで発動させられるものがあります。
自動のドラゴンスキル、手動のドラゴンスキルどちらにも回復系のスキルがあり、それを上手く組み合わせることで「回復職」の役割を担うことが出来ます。

ドラゴンズプロフェットには生産やハウジングの要素もあります。
生産に必要な材料は留守番中のドラゴンに収集させるのが一般的な方法で、材料集めに時間を掛けずに生産を楽しむことが出来るのが特徴です。
武器・防具・ポーション・料理・家具など、生産出来る種類も一通り揃っていますし、ハウジングは通常のフィールドとは別のフィールドではあるものの、インテリアだけでなくエクステリアも楽しめるようになっています。

対人要素もあり、大人数での領地戦も実装されています。
台湾の会社が開発したゲームですが、キャラクターはどちらかというと西洋よりの外見になっています。
キャラクタークリエイトもかなり充実しています。

ドラゴンズプロフェットの欠点は、メインコンテンツであるドラゴンの戦闘AIがあまり優れておらず、攻撃対象を指定したりプレイヤーの元に呼び戻すことが出来ないため、意図しない混戦になりやすいことが一番に挙げられると思います。
ドラゴンの成長がプレイヤーとの戦闘時に得られる経験値ではなく、厩舎でトレーニングさせたり専用のフードを与えたりすることで成長するシステムなので、共に強くなっていくことによる愛着は生じにくくなっています。
また最近実装された領地戦のバランスやシステムが悪く、よくわからないうちに終わってしまうようなことが多々あることも欠点に挙げられます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ