【運命のクランバトル】スマホオンラインゲーム

kuranbatoru運命のクランバトルは、カードを集めてそれを用いてバトルを行うという物で、バトルは1日4回、クランと呼ばれる20人ほどのチームに所属して、クラン対クランで対決します。

始めは勝手が分からず、特定のクランに所属することなくカードを集めて育てたりたり、トレード機能でアイテムやカードを交換したりをメインに楽しんでいました。

アイテム

運命のクランバトル(以下クラバト)では、同じカードを4枚集めて合成すると強いカードになるという仕組みがあるので、レアなカードをたくさん集める必要があります。トレード機能があるので、ゲーム内の掲示板を利用して、回復アイテムやカードとトレードの募集をすることができます。

ゲーム内には2つの回復アイテムがあります。一つは、ユグドラシルの霊水、通称水です。プレイヤーは、冒険エリアを歩く事で、バトルで攻撃するのに必要なMP(マジックポイント)を手に入れることができます。水と呼ばれるアイテムを使う事で、冒険エリアを歩き回るための体力(冒険ポイント)を回復することができます。

もうひとつは、スクルドの秘薬というアイテムです。冒険をしているとラッキーエッグというMPを回復できる卵が出てくるのですが、この秘薬を使うと卵を早く孵化させてMPを回復させることができます。

バトル

さて、アイテムやカードを交換しながら、自分のデッキ(バトルでは10枚のカードを使用することができ、これをデッキと呼びます)を強くすると、バトルが楽しくなってきます。

ゲームを始めてしばらく経った頃、トレードで仲良くなった方に誘われて、とある上位クランに加入しました。それからはバトルが本当に楽しかったです。

バトルでは、クランの中でステータスが高い順に5人が前衛、残りメンバーは後衛というポジションになります。

バトルは1時間ですが、ひたすら相手を全力で攻撃するばかりではありません。ラストの打ちあい時間までは、弱いカードでダメージを1与える攻撃コンボや、応援コンボと言って味方前衛の攻撃力や防御力を上げるコンボを積んでいきます。

このコンボを積むという作業がクラバトの面白い所で、仲間と交互に攻撃や応援をすることで、どんどんコンボ数が増えていきます。

たくさんコンボを積むと、前衛から強力な攻撃を打つことができたり、また、相手がこちらを全滅(全員全員が気絶している状態)させているときに応援コンボを積むと、相手の攻撃力や防御力を下げる効果もあります。

僅差のバトルでは、最後の1秒まで気を抜けません。ラストどうなったのか分からず、仲間とハラハラしながら結果を待っていたことが何度もあります。そんな所もクラバトの面白さだと思います。

時には、間違ってコンボを切ってしまうこともあります。そんなときは、メンバーにとても申し訳なくなりますが、私のクランの人たちはいつもドンマイと言ってくれる優しい人たちでした。

メンバーともどんどん親しくなり、クランマスター(クランの代表者)も毎回的確な指揮でクランを勝利に導いてくれるとても居心地のいいクランだったので、毎日のバトルが楽しかったです。

イベント

クラバトでは、定期的に色々なイベントが行われています。

代表的なイベントは、バトルイベと呼ばれているイベントで、期間中のランキング上位クランに豪華な特典(限定レアカードなど)があるものです。

順位によってもらえるアイテムが変わるので、バトルイベ期間にはできるだけ上位にいけるようにバトルにも熱が入ります。

1日4回もバトルがあるので、仕事をしている人などはなかなか全てに参加することが難しかったりするのですが、バトルイベではこっそり仕事中に参戦している人などもいました(笑)

また、水イベと呼ばれるイベントもあります。

これは、期間中に特殊な冒険ステージが出現し、冒険を進めていくうちに現れるイベントボスを倒していくとポイントがたまります。

そのポイントの獲得上位者には報酬として豪華なアイテムやカードを支給されます。

イベントに有利なカードなどが限定で出るので、それを集めるのも楽しいです。

その他にも深夜開催のミッドナイトバトルや、カードを強化するのに有利な強化1.5倍など、常時いろいろなイベントが行われているので、なかなか飽きることなく遊べると思います。

レアなカードを入手するには、課金によるガチャの他に、ログインボーナスやイベント報酬で入手できるレアチケットという物からも出ることがあります。

また、ビッグデッキというレアカードのくじ引きのようなイベントも時々行われるので、無課金でも運がよければSRやSSRなどレアなカードを手に入れることができます。

無料で気軽に始められるので、まずはトレードでお気に入りのカードを育てたりしながら、気の合う仲間を見つけてバトルを楽しむのがいいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ