ファイナルファンタジーⅪ

ff11
当時、そのソフトは発売され、スタートして間もない時期だったと思います。
そのソフトを友人が先んじてやっていて、面白いという噂は聞いていましたが、当時の私はオンラインゲームに疎く、オフラインゲームはそれなりにやり込んでいて時間がなかったことと、なによりハマったら大変なことになるなと二の足を踏んでいたんですが、友人の勧めに押されて始めてしまったのが「ファイナルファンタジーⅪ」でした。

私は当時古いPCを使っていたためスペックが足りないこともあり、特殊なユニットを組み込んだ据え置きハード機でプレイをはじめましたが、驚いたのはFFⅪの「ヴァナ・ディール」世界の美しさです。

私は「バストゥーク」という都市で始めたのですが、他の都市より地味だと後で知りました。
しかし始めた当初は山々の美しさ、都市の広さや建物の良さ、細部にまでこだわった作り、フィールドに出れば海が広がり、周囲の景色の素晴らしさを感じて、レベル上げも風景を楽しみながら行うことができたので時間がかかったという印象は薄く、とても速かった気がします。

リアルタイムで友人とチャットをしたり、ネットを通じて友人が増えたり、戦闘など共同作業を行ったりと、オンラインゲームの醍醐味を十二分に味わい、すっかりハマってしまいました。
それからというもの日常生活に支障をきたすほどのめり込んだ時期もありましたが、今はリアルとベランスをとりつつ楽しめていると自負しています。

今でも細々とですが続けており、次々に出てくる新しく、魅力のある他のオンラインゲームが立ち入る隙がないほど好きであり、ハマり続けているオンラインゲームです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ